CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2018年8月17日
三菱商事株式会社

バングラデシュにおける液化天然ガス受入基地事業への参画について

三菱商事株式会社(以下、当社)は、Summit LNG Terminal Co. (Pvt) Limited社(以下、SLNG社)の25%の株式を取得し、バングラデシュ人民共和国(以下、バングラデシュ)での浮体式貯蔵気化設備(以下、FSRU)を利用した液化天然ガス(以下、LNG)受入基地事業に参画することをお知らせ致します。
同国でのFSRUを利用したLNG受入基地事業として、本邦企業が参画する初の事業となります。当社参画後のSLNG社の株主構成はSummit Corporation Limited社(以下、Summit社)が75%、当社が25%となります。
 
本LNG受入基地事業は、SLNG社がバングラデシュチッタゴン管区コックスバザール県モヘシュカリ島6kmの沖合にFSRUを設置し、国営石油エネルギー会社Petrobangla社が調達したLNGを受入れ、ガス化サービスを提供するものです。基地の建設作業は2017年末から開始されており、2019年3月頃の操業開始を見込んでいます。年間3.5百万トン規模のLNGを受け入れる計画です。
 
人口の増加が著しいバングラデシュでは、年率6%以上の経済成長が続き電力需要も急伸しております。天然ガスによる発電の割合は電力需要の60%程度を占めるなか、国産天然ガスの産出量が減退しており、LNGを輸入・活用することを国策として推進しています。2018年には初のLNG輸入が始まり、2030年には年間17百万トン規模の輸入量に達する見込みです。
FSRUを利用したLNG受入基地は、従来の陸上LNG受入基地に比べ建設コストが安価で建設期間が短いことから、急伸する新興国のLNG受入能力の増強に有効な解決策となります。今後更に需要が高まる見込みです。
 
当社はエネルギー需要が伸長するアジア地域を中心にLNGの安定供給並びに電力・エネルギーインフラ事業の開発に取り組んでおります。バングラデシュでは本事業に加え、Summit社と共同でLNGの供給、同LNGを利用した発電までのプロジェクトを検討していくことにも合意しております(※) 。
環境負荷の少ないLNGにかかわる事業を通じ、アジア各国のエネルギーの安定供給と更なる経済発展に貢献することで、「経済・社会・環境」の三価値同時実現を目指します。
 
(※)2018年3月13日にコックスバザール県マタバリ地区における陸上LNG受入設備建設、2,400MWのガス焚発電所建設、最大1,500mmscfd(LNG換算約1,000万トン)相当のLNG供給からなる統合開発プロジェクトをSummit社と当社で検討していく旨の基本合意書を締結済み。
【事業概要】
(サービス内容)LNG受入基地の設置運営、LNGの受入及び気化
(所 在 地)バングラデシュ モヘシュカリ島沖
(操業開始時期)2019年3月操業開始予定
(操業期間)操業開始後15年間
(生産能力)ベース数量500mmscfd(LNG換算約350万トン)
【プロジェクト予定地】
【プロジェクトイメージ図】
(赤枠:LNG受入基地事業範囲)
【Summit社概要】
(会社名) Summit Corporation Limited
(設  立) 1985年
(本  社) バングラデシュ ダッカ
(代表者)会長 Mr. Muhammed Aziz Khan、CEO Ms. Ayesha Aziz Khan
(事業内容) バングラデシュ向け電力供給事業等
 
【SLNG社概要】
(会社名) Summit LNG Terminal Co. (Pvt.) Limited
(設  立) 2017年
(本  社)バングラデシュ ダッカ
(代表者)社長 Mr Tariqur Rashid
(事業内容)LNG受入基地建設・運営事業

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ