CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2019年8月6日
旭タンカー株式会社
株式会社エクセノヤマミズ
株式会社商船三井
三菱商事株式会社

ゼロエミッションEV船の開発・普及促進に向けて戦略的提携に合意し、共同出資会社設立

旭タンカー株式会社、株式会社エクセノヤマミズ、株式会社商船三井、三菱商事株式会社は、   このたび、電気推進(EV)船の開発、および普及促進を通じてEV船を中心とした新しい海運インフラサービスの構築に向けた戦略的提携に合意し、新会社「株式会社e5(イーファイブ)ラボ」(以下「e5ラボ」)を設立しました。
 
e5ラボは、以下の通り、日本の社会インフラである海運が直面する課題の解決に向け、4社が強みを持つ技術・ノウハウ・ネットワークを集結し、EV船のみならず、最先端技術を駆使した海運インフラサービス等も提供するプラットフォームを構築し、本プラットフォームを通じて、海運業界の持続的な発展に貢献することを目指します。
 
【e5ラボが取り組む7つの課題】
1.船舶の電動化により温室効果ガスの排出を抑制し、気候変動の課題に取り組む
2.船内通信環境の改善により職場環境を改善し、船員不足の課題に取り組む
3.高度なセンサー技術の活用により、高齢化した船舶を安全に運航するための保守管理に取り組む
4.自動化技術やビッグデータを活用して陸上から船員の業務を支援し、船舶の安全・安心・効率運航に取り組む
5.造船業、舶用機器メーカー、船主、オペレーター、荷主といった海運に関わるステークホルダーにEV船プラットフォームを提供し、船舶の標準化等を通じて持続的な成長モデルの構築支援に取り組む
6.次世代技術の標準規格を提供し、実用・普及に向けた速やかな社会実装の課題に取り組む
7.大容量蓄電池を活用し、災害時の緊急電力供給など、地域社会のBCPへの貢献に取り組む
 
まずは、2021年半ばまでに、東京湾内で運航する内航タンカーを、大容量電池駆動による「世界初」のゼロエミッションタンカーとしてEV化することを目指します。
又、これと平行して、タンカー以外の内航船種のEV化開発をすすめ、先に挙げた日本の海運が直面する課題の解決を図ります。
更に、内航船に加えて外航船のEV化も積極的に推進し、IMO(国際海事機関)の温室効果ガス(以下GHG)削減戦略である「2050年までにGHG排出を2008年対比50%以上削減」をいち早く達成させるために必要な技術・人材・運用ノウハウを集積します。
e5ラボは、イノベーションを通じて「electrification(電気化)」「environment(環境)」「evolution(進化)」「efficiency(効率)」「economics(経済性)」の5つの価値を社会に届けます。
 
【e5 ゼロエミッションEV船プロモーションビデオ】
株式会社e5ラボの概要】
代表者
代表取締役社長 一田 朋聡
資本金等
5,000万円(資本準備金を含む)
株主構成
旭タンカー株式会社:30%
株式会社エクセノヤマミズ:30%
株式会社商船三井:20%
三菱商事株式会社:20%
所在地
東京都千代田区大手町1-1-3
事業内容
  1. EV船の企画・開発
  2. EV船の普及活動
  3. EV船の知的財産権管理
事業開始日
2019年8月
サポート法人・企業
(50音順)
一般財団法人 日本海事協会(船級)
一般財団法人 日本造船技術センター(基本設計)
株式会社ClassNKコンサルティングサービス(リスクアセスメント)
川崎重工業株式会社(パワープラント・システムインテグレーション)
東京電力エナジーパートナー株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
 
【参考情報】
本社所在地     : 東京都千代田区内幸町1-2-2
創立                : 1951年
事業内容         : 石油製品タンカーを中心にケミカル船、LPG船等、社船と傭船合わせ内外航合計約150隻を運航する海運会社。内航は大手石油会社、商社向けの石油、化学品等の国内輸送を担い、外航は原油タンカー、ケミカルタンカー、プロダクトタンカーの運航をワールドワイドに展開
代表者            : 代表取締役社長 中井 和則
 
株式会社エクセノヤマミズ 概要
本社所在地     : 千代田区大手町1-1-3
創立                : 1947年
事業内容         : 船舶・貨物の用船および船舶売買仲介コンサルテング会社。新造船、物流コンサルテング事業やグリーンビジネスに関連する海洋・舶用機器分野にも力を注ぐ
代表者             : 代表取締役社長 増田 尚昭
 
株式会社商船三井 概要
本社所在地     : 東京都港区虎ノ門 2-1-1
創立                : 1884年
事業内容         : 鉄鋼原料、石炭、木材チップなどを運ぶ各種専用船、原油を運ぶタンカー液化天然ガスを運ぶLNG船、自動車船、さまざまな製品を運ぶコンテナ船など、多彩な分野で時代の要請に応える総合輸送グループ
代表者            : 代表取締役社長執行役員 池田 潤一郎
 
三菱商事株式会社 概要
本社所在地     : 東京都千代田区丸の内 2-3-1
創立                : 1954年
事業内容         : 天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10 グループ体制で幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開
代表者            :代表取締役社長 垣内 威彦
 
新会社の事業に関するお問い合わせ先
旭タンカー株式会社
経営企画部 EV船プロジェクトチーム
(TEL:03-3508-1637)
株式会社エクセノヤマミズ
e5プロジェクト室
株式会社商船三井
コーポレートコミュニケーション部 メディア広報チーム
(TEL:03-3587-7015)
広報部 報道チーム
(TEL:03-3210-2171/FAX:03-5252-7705)
 
以上
ページ上部へ