CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2019年11月6日
三菱商事株式会社

当社海外連結子会社Petro-Diamond Singapore (Pte) Ltd.の清算方針について

当社は、シンガポールの連結子会社Petro-Diamond Singapore (Pte) Ltd. (以下PDS)を清算する方針を決定致しましたので、以下お知らせ致します。
 
1.  清算方針の決定経緯
本年9月20日にお知らせした通り、PDSの元社員が、社内規程に違反して原油デリバティブ取引を行い、当該取引の手仕舞いの結果、約342億円の損失(税前)が確定し、PDSとして最大約308億円の債務超過に至る見通しです。
今後、PDSの原油/石油製品の成約済取引を履行し、債権債務残高等を精算した上で、同社を清算する方針を当社として決定致しました。必要となる各種手続きや検討を踏まえながら、清算に向けた詳細なスケジュールを定めていく所存です。
 
2.  PDSでの原油・ナフサ・石油製品取引、及び当社の海外石油事業について
PDSが現時点で保有する原油・ナフサ・石油製品等の契約履行については、取引関係者とも協議の上で、責任を持って対応して参ります。また、当社の海外石油事業につきましては、リスク管理体制の再確認により、再発防止策を徹底の上、事業を継続して参ります。
 
3.  当社の連結業績に与える影響
当社連結業績に与える影響については、本日発表した修正後の20年3月期業績見通しに織込済みです。
 
4. 原油デリバティブ取引損失に係わる事後対応について
原油デリバティブ取引による損失発生については、本年9月20日にお知らせした以降も調査を継続し、これまでの調査で前回お知らせの内容に反する事実がないことを確認しております。
今回の事案をふまえ、当社グループに於いてデリバティブを扱っている部署・子会社も含め、リスク管理運用の厳格化、再徹底を行い、再発防止への対策も講じて参ります。
尚、本事案について、現在、警察当局の捜査に協力しておりますが、PDSの清算方針に拘らず、当社として今後も引き続き当局の捜査に全面的に協力して参ります。
 
Petro-Diamond Singapore (Pte) Ltd. (PDS) 社概要
所在地      :1 Temasek Avenue #17-01 Millenia Tower, Singapore 039192
代表者      :山縣 英之
設立         :1989年5月
資本金      :2百万シンガポールドル
株主         :三菱商事株式会社(全額出資)
事業内容   :シンガポールを拠点とした原油/石油製品のトレーディング
 
以上

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ