CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2019年12月4日
三菱商事株式会社

鈴川エネルギーセンター発電事業のバイオマス専焼化について

三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、100%子会社である三菱商事パワー株式会社(以下、三菱商事パワー)を通じて、日本製紙株式会社(以下、日本製紙)及び中部電力株式会社(以下、中部電力)と共に2013年9月に設立した鈴川エネルギーセンター株式会社(以下、鈴川EC)に於けるバイオマス専焼発電の事業化を検討して参りましたが、今般、バイオマス燃料(木質ペレット)の調達条件に合意すると共に、プロジェクトファイナンスを組成し、バイオマス専焼事業の開始を決定しました。
 
本事業は、鈴川ECが静岡県富士市に保有する発電設備(定格出力11.2万kW、2016年9月運転開始)の燃料を、石炭から木質ペレットへ変更し、バイオマス発電所を運営するものです。バイオマス燃料混焼仕様の既存ボイラー・タービン発電機・燃料運搬コンベヤなどの重要設備を活用、燃料貯蔵設備等を新設して、2022年4月(予定)から木質ペレット専焼発電を開始します。
 
本バイオマス発電所は、生物由来の木質ペレットを燃料に使用することで、二酸化炭素の排出抑制(*)を実現すると共に、再生可能エネルギーの課題である間欠性のない安定的なベース電源としての役割を果たします。更には再生可能エネルギー比率の向上を含む、国が目指すエネルギーミックスの実現に寄与します。
(*)生物由来のバイオマス発電の燃料は、成長段階で吸収したCO2と燃焼時に発生するCO2が等しいという考え方から(=カーボンニュートラル)、バイオマス利用により大気中のCO2を増加することは無いとされます。
 
三菱商事は、再生可能エネルギー等の環境負荷の低い電源とデジタル技術を組み合わせ、安定供給だけでなく、需給調整機能など顧客に対して新たな付加価値を提供する電力事業を国内外で展開することを目指しています。再生可能エネルギー発電事業についても国内外で展開、国内においては、三菱商事パワーが太陽光発電、風力発電、バイオマス発電等の再生可能エネルギー発電事業を手掛けており、本件はそのプロジェクトリストに加わる新たな1件となります。
 
三菱商事は、経済価値・社会価値・環境価値の3価値同時実現に資する事業への取り組みを強化しており、2030年までに発電事業における再生可能エネルギー比率を20%超(発電量ベース)とする目標の達成を目指していきます。
 
【事業会社概要】
社   名:鈴川エネルギーセンター株式会社
設 立 日:2013年9月4日
所 在 地:静岡県富士市
資 本 金:約32億円(三菱商事パワー:70%、日本製紙:20%、中部電力:10%)
事業内容:発電所の保有運営及び電力販売
役     員:
代表取締役  谷垣 俊行 (三菱商事パワー株式会社 火力発電事業第二部長)
取締役    保坂 達巳 (日本製紙株式会社 エネルギー事業部長代理)
取締役    海野 剛   (三菱商事パワー株式会社 火力発電事業本部長)
 
【鈴川EC発電所全影】

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ