CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2020年3月25日
三菱商事株式会社
中部電力株式会社

オランダ総合エネルギー事業会社Eneco社の買収

三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)と中部電力株式会社(以下「中部電力」)は、欧州で総合エネルギー事業を展開するEneco社(以下「Eneco」)の売却入札に共同で参加し、2019年11月に優先交渉権を獲得いたしました(※)。
 
 
優先交渉権の獲得以降、買収手続きを進めてまいりましたが、昨日、三菱商事と中部電力が共同で設立したDiamond Chubu Europe B.V.を通じて、100%の株式を約41億ユーロ(約5千億円)で買収いたしました。
 
Enecoは、再生可能エネルギー(以下「再エネ」)開発を積極的に進めるとともに、小売事業においてデジタル技術を活用した顧客重視のサービスを展開している、先進的な総合エネルギー事業会社です。
 
三菱商事は、Enecoの再エネに関する技術力・ノウハウを活用し、欧州及び欧州外で再エネ開発を更に加速させ、引続き経済価値、社会価値、環境価値の三価値同時実現に資する取り組みを強化して参ります。
 
中部電力は、Enecoへ参画し、培ってきた知見をEnecoと融合させ、相互にビジネスモデルを進化させることで、国内外のエネルギー事業におけるシナジー創出を図ります。
 
再エネの普及に伴う小規模分散電源の増加や、蓄電池・デジタル技術の発展等により、電力事業の在り方が転換期を迎える中、三菱商事と中部電力は、Enecoと双方の知見を活用しながら、人々の生活インフラを支え、低炭素化社会への移行や地球環境保全といった社会課題の解決に貢献することを目指します。
 
<Eneco保有の洋上風力発電所>
<Diamond Chubu Europe B.V.>
本社所在地: オランダ アムステルダム
設立: 2019年11月
出資比率: 三菱商事80%、中部電力20%
代表者: 岡部 康彦
<参考情報>
1. 三菱商事株式会社 概要
本社所在地:東京都千代田区丸の内 2-3-1
創立: 1954 年
事業内容: 天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10 グループ体制で幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開
代表者: 代表取締役社長 垣内威彦
 
2. 中部電力株式会社 概要
本社所在地:愛知県名古屋市東区東新町1番地
創立: 1951年
事業内容: 電気事業およびその附帯事業、ガス事業、分散型エネルギー事業、コミュニティサポートインフラ事業、データプラットフォーム事業、海外コンサルティング・投資事業など
代表者: 代表取締役社長 勝野哲
 
3. Eneco社 概要
本社所在地:オランダ ロッテルダム
創立: 1995年
事業内容: 電力・ガス・熱併給の総合エネルギー事業(オランダ、ベルギー、ドイツ等で事業展開)
代表者: CFO, Guido Dubbeld

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171
ページ上部へ