CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2020年8月6日
三菱商事株式会社

長野県塩尻市でAI活用型オンデマンドバス「のるーと」の実証運行を開始

三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)は西日本鉄道株式会社(以下「西鉄」)との共同出資先であるネクスト・モビリティ株式会社(以下「NM社」)や塩尻市等とのコンソーシアムを通じて、経済産業省「地域新MaaS創出推進事業」*1で選定された「自動走行を活用したMaaS」実証事業(以下「塩尻プロジェクト」)を開始します。
塩尻プロジェクトは、同一市内でAI活用型オンデマンドバス「のるーと」*2による運行(特定エリア内移動)と乗用車の自動運転による運行(エリア間移動)を推進するもので、公共交通事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を検討して参ります。
 
【塩尻プロジェクトの狙い】
塩尻市は鉄道を除く唯一の公共交通としてコミュニティバスを運営しておりますが、バス運転手の担い手不足、運行本数の不足等の課題に直面しています。また、市人口約6.7万人に対し65歳以上は約28%と高齢化が進んでいることもあり、地域のニーズに即した移動手段の拡充が求められています。
斯かるニーズを捉え、三菱商事が参画するコンソーシアムは、塩尻プロジェクトを推進することにより、塩尻市の交通課題解決に向けて取り組んで参ります。
 
【塩尻プロジェクト概要】
塩尻市内において、今年度中に以下の実証実験を行います。実証実験①については、来年度以降の本格運行を目指し、地域に最適な実装計画の具体化をして参ります。
・実証実験① のるーと実証運行
特定エリア内において、NM社が提供するAIオンデマンド型バス「のるーと」の実証運行を行い、有効性や事業性を検証します。また、需給によって価格が変動する運賃体系(ダイナミックプライシング)の導入可否の検討も行います。
・実証実験② 自動運転の公道モデル実証
エリア間の移動(公道)に関して、遠隔監視型自動運転システムを搭載した乗用車で実証運行を行い、実用性、安全性を検証します。(コンソーシアムメンバーであるアイサンテクノロジー株式会社(三次元地図システムの提供)、株式会社ティアフォー(自動運転システムの提供)が実施致します。)
 
今後とも、三菱商事は幅広いネットワークや顧客基盤を活用して、交通課題を抱える全国の地域に対して、持続可能で安全な次世代公共交通事業モデルを構築し、より便利なモビリティサービスの提供を目指して参ります。
 
 
*1 地域における実証実験を通じて新しいモビリティサービスの事業性向上、社会的受容性向上のポイント、地域経済への影響等を整理し社会実装を促進していく事を目的とした事業。実証実験の準備・実施に協力頂く団体・地域を募集し、採用されたプロジェクトは一定の事業費を受領し、実証実験・効果測定・課題抽出等に取り組む。
 
*2 三菱商事と西鉄が共同出資するNM社が運行主体となり、決まったダイヤはなくAIを活用しお客様のリクエストに応じて適宜ルートを変えながらオンデマンドバスを運行するサービス。昨年4月より福岡市アイランドシティ地区より運行し、今年より「のるーと」のオペレーションの仕組み・運営ノウハウの全国展開を開始。今年6月からは福岡県福岡市壱岐南地区においてはコミュニティバスの代替交通として運行を開始した。
(ご参考:2019年3月13日付リリース)https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2019/html/0000036949.html
 
【ネクスト・モビリティ社概要】
・設立年月             :2019年3月8日
・本店所在地         :福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12-12
・事業内容             :AI活用型オンデマンドバス「のるーと 」の自主運行事業(福岡市東区アイランドシティ地区)、次世代型デマンドバス等交通関連システムのコンサルティング・提供、車両のリース・レンタル等
・資本金                 :1.5億円
・株主                     :西日本鉄道(株)50%、三菱商事(株)50%
・代表者                 :代表取締役社長   田中 昭彦
                                代表取締役副社長   藤岡 健裕
 
【アイサンテクノロジー株式会社 概要】
・設立年月             :1970年8月
・本店所在地         :愛知県名古屋市中区錦三丁目7番14号 ATビル
・事業内容             :公共測量・CADシステムの設計・販売等、三次元地図計測業務、モービルマッピングシステム販売事業等、自動運転実用化に向けたコンサルティング事業
・資本金                 :19億1,729万円
・代表者                 :代表取締役社長   加藤 淳
                                                                                                      
【株式会社ティアフォー 概要】
・設立年月             :2015年12月
・本店所在地         :東京都品川区北品川1丁目12-10ジャコムビル
・事業内容             :自動運転ソフトウェアの開発・販売、自動運転開発のコンサルティング・エンジニア育成支援業務
・資本金                 :123億円
・代表者                 :代表取締役社長   武田 一哉

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ