CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2021年1月19日
三菱ガス化学株式会社
三菱商事株式会社
三菱重工エンジニアリング株式会社

トリニダード・トバゴ共和国におけるメタノール/ジメチルエーテルプラントの商業運転開始について

三菱ガス化学株式会社(以下、三菱ガス化学)、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)および三菱重工エンジニアリング株式会社(以下、三菱重工エンジニアリング)が、トリニダード・トバゴ共和国において、同国国営ガス会社であるNational Gas Company of Trinidad and Tobago Limited(以下、NGC)および同国企業のMassy Holdings Ltd.社(以下、Massy)と共同出資しているCaribbean Gas Chemical Limited(以下、CGCL)でメタノール/ジメチルエーテルプラントの商業運転を開始しました。
 
CGCLは、2013年3月に設立され、トリニダード・トバゴ共和国の天然ガスを主原料として、メタノール生産量100万トン/年、ジメチルエーテル生産量2万トン/年の生産能力を有するプラントの建設を進めてきたもので、2020年12月18日から商業運転の運びとなりました。
 
メタノールは多くの川下製品を持つ基礎化学品の一つで、接着剤、農薬、塗料、合成樹脂、合成繊維の原料等幅広い用途に使用されており、最近では重油に代わる船舶燃料等、環境に優しいエネルギーとしての用途への注目も高まっています。さらにメタノールは二酸化炭素からも製造が可能であり、有望な水素キャリアでもあることから将来の低炭素社会、持続可能な社会発展に貢献することが期待されています。また、ジメチルエーテルは、スプレー噴射剤など日用品用途に加えて、LPG代替、自動車および発電向けディーゼル燃料代替として注目されている次世代クリーンエネルギーです。
 
現在のメタノール世界需要は年間約8,100万トンですが、今後もGDPの伸びに沿って需要は堅調に成長していくことが見込まれています。三菱ガス化学、三菱商事、三菱重工エンジニアリングは本事業を通じて、世界的に伸長するメタノール需要を満たすと共に、同国並びに周辺カリブ海諸国の経済成長に貢献することを目指してまいります。
 
CGCL社プラント
〈当該プロジェクトの概要〉
会社名 Caribbean Gas Chemical Limited(設立2013年3月)
所在地 La Brea, Union Industrial Estate
生産品目、
生産量    
メタノール=100万トン/年
ジメチルエーテル=2万トン/年
総投資額 約1,000百万US$
資本金 約300百万US$
出資比率 三菱ガス化学=26.25%
三菱商事=26.25%
三菱重工エンジニアリング=17.5%
NGC=20.0%
Massy=10.0%
 
<本件に関するお問い合わせ先>
三菱ガス化学株式会社 総務人事部 広報グループ TEL:03-3283-5040
三菱商事株式会社 広報部 報道チーム TEL:03-3210-2171
三菱重工業株式会社 グループ戦略推進室 広報部 TEL:03-6275-6278
 
[参考]
1.三菱ガス化学の概要
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-5-2
事業内容 基礎化学品からファインケミカル、機能材料等の製造販売を幅広く展開。天然ガス田の開発実績も持つ。
代表者 代表取締役社長  藤井 政志
設立 1951年4月21日
 
2.三菱商事の概要
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-3-1
事業内容                                       天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループにコーポレート部門を加えた体制にて幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開。
代表者 代表取締役社長 垣内 威彦
設立 1950年4月1日
 
3.三菱重工エンジニアリングの概要
本社所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
事業内容                  化学プラント、交通システム、環境設備等に関するエンジニアリング、製造、調達、建設、販売およびアフターサービスに係る事業(これに付帯関連する事業を含む)。
代表者 代表取締役社長 寺沢 賢二
設立 2018年1月
 
4.NGCの概要
本社所在地 Orinoco Drive, Point Lisas Industrial Estate, Couva, Republic of Trinidad & Tobago, West Indies
事業内容 天然ガスの販売、パイプラインの管理、LNGの販売 
代表者 Chairman : Conrad Enill
設立 1975年
 
5.Massyの概要
本社所在地 63 Park Street, Port of Spain, Trinidad & Tobago, West Indies
事業内容          卸売、不動産、自動車販売・メンテナンス代理店、産業用ガス製造供給、ホテル経営等、幅広い事業をカリブ海全域で展開。
代表者 Chairman : Robert Bermudez
設立 1932年
 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ