CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • East Asia
  • Asia
  • Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • East Asia
  • Asia
  • Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Oceania

三菱商事

プレスルーム

2022年3月4日
三菱商事株式会社

『EV 電池の見える化』を通じた、EV の普及に向けた新規サービスモデル構築について

ロバート・ボッシュGmbH (以下「ボッシュ」)、三菱商事株式会社(以下「当社」)、及び北京汽車傘下の Blue Park Smart Energy Technology Co. LTD(以下「BPSE」)は、ボッシュが開発した"電池をクラウド上で管理する技術"を BPSE の電池交換式プラットフォームに搭載して、当社の電池に関する商業化知見を組み合わせることにより、電動車(以下「EV」)向けの電池サービス事業を共同で開発することで合意しました。
自動車の電動化に対する要求は日増しに高まっていますが、EV導入費用の削減、充電中の車両非稼働時間の低減、不確実性のあるバッテリーの制御など、EV維持費用の改善が本格的な普及に向けて求められています。
バッテリー・イン・ザ・クラウドは、電池を継続的に監視・分析し、ビッグデータの利点を最大限に活用し、電池状態を最適化することにより、電池のパフォーマンスと寿命を最大化させ、EV維持費用を低減させます。また、電池交換式プラットフォームは EV の充電時間を短縮し、高稼働率が要求されている商用車分野に於ける解決手段の一つと考えられています。
3 社は、バッテリー・イン・ザ・クラウドを電池交換式プラットフォームに適応し、電池の劣化状態、寿命の予測、充電等の状況を“見える化“する管理ソフトウェアを共同で開発し、EVを保有するモビリティサービスプロバイダーやファイナンスを提供する金融機関向けにモニタリングサービスを提供することより、EV普及の課題解決を目指します。
また、ボッシュと三菱商事は、『EV 電池の見える化』を実現することにより、EV の中古電池の2次利用を促進させ、 保有するEV から、より大きな価値を生み出すことに繋がることを目指します。両社は、中国からの実証をベースに、他国においても同様な取組を広げてることを検討します。
 
 
<実証事業概要・目的>
 “EV電池を見える化“し、EV電池の寿命管理を行う技術である、ボッシュが開発したバッテリー・イン・ザ・クラウドを利用して、EV の維持費用を下げる新しいサービスモデルを構築し、EV の普及促進を図る。
●EVの普及が進んでいる中国で、電池交換式事業に取組んでいる北京汽車グループ傘下の Blue Park Smart Energy Technology 社と協業し、バッテリー・イン・ザ・クラウドを利用した商用車向けサービスの実証を行う。
●この協業を通して、商用EVの維持費低減を検証し、電池の見える化を実現することにより、電池リースや電池のサブスクなどの新しい金融サービスやEV 運営の効率化に繋がる商品を開発する。
●電池のライフタイムを通じた資産管理を提供することにより、電池のリユース等の 2 次利用を促進し、電池に係る費用の低減を図る。
●中国での実証事業をベースに他国への展開を検討する。
<BPSE社電池交換式ステーション>
<参考情報>
1. ロバート・ボッシュGmbH 概要
本社所在地:    ドイツ・ゲルリンゲン
創立: 1886年
事業内容:    ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・ビルディングテクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。モビリティ ソリューションズ事業は、安全でサステイナブルかつ魅力的なモビリティを目指し、パーソナライズ化、自動化、電動化、ネットワーク化の領域においてグループ全域にわたる知見を結集させ、お客様にモビリティのためのトータルソリューションを提供します。
代表者:        シュテファン・ハルトゥング
 
2. 三菱商事株式会社 概要
本社所在地:    東京都千代田区丸の内 2-3-1
創立: 1954年
事業内容:    天然ガス、総合素材、石油・化学ソリューション、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開
代表者:        代表取締役社長 垣内威彦
 
3. Blue Park Smart Energy Technology Co. LTD 概要
本社所在地:    中国北京経済技術開発区
創立:          2016年
事業内容:    北京汽車グループ傘下で唯一のエネルギーサービス分野における国家級ハイテク企業。電池交換の独自の知的財産権、及び電池データ評価やリユース等のキーテクノロジーを保有。電池交換式ビジネスモデルにおいて、スマート電池交換テクノロジーのイノベーションを強化、電池のライフサイクルのバリューチェーンにて、収益性がありネットワーク展開可能な電池バリューチェーンのビジネスモデルを構築。EV、スマート モビリティ、エネルギーインターネット、電池のリユース等の産業バリューチェーンを取り込み、車とのネットワーク連携を推進、エネルギーの総合利用を高め、エネルギーサービスエコシステムの構築にも力を入る。
代表者:        董事長 李建安
 
<問合せ先>
三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ