CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

食品産業グループ

事業紹介 Our Business

食品産業グループ Food Industry Group

食品産業グループは、食糧、生鮮品、生活消費財、食品素材などの「食」に関わる商品を消費者にお届けする事業をグローバルに展開しています。

原料の生産・調達から製品製造に至るまでの各事業領域において、消費者のニーズを捉えた商品・サービスを安定的に提供し、多様で豊かな生活の実現に取り組んでいます。また、サプライチェーン全体におけるさまざまな社会的課題の解決に貢献し、健康や環境に関わる事業を行うという責任感の下、消費者の「安全・安心」の確保に取り組むことで、社会の要請に応える価値提供を追求していきます。

また、良質な商品・サービスをグローバル市場に水平展開して、新たな成長機会を創出するとともに、経済環境や産業構造の変化に柔軟に対応し、各事業において競争力を向上させることで、安定的かつ持続可能な供給モデルの構築を実現していきます。

組織 Organizational Structure

食品化学本部 Food Sciences Division

食品化学本部は、食と健康の分野で、事業経営型の子会社 三菱商事ライフサイエンス(株)を中心に、付加価値の高い事業を展開しています。
食品化学分野とバイオ・メディカル分野での事業経験を基盤に、新興国の経済力向上に伴う社会の都市化・高齢化と、成熟国での医療費抑制等の社会的要求の高まりを受けて市場が拡大している健康化学分野での事業に取り組んでいきます。

取扱品目
医薬品原料・中間体、農薬原料・中間体および製品、化粧品原料、食品素材・配合品(食品化学製品)、健康素材・製品(健康化学製品)、澱粉・糖化品
組織
バイオ・ファインケミカル部 | 食品素材部

食糧本部 Food Resources Division

食糧本部は、食生活の基礎となる、小麦粉製品・飼料・砂糖などの製造・販売、及びそれらの原材料となる穀物・飼料原料・原糖等のグローバルな調達・安定供給を担う本部として、サステナビリティ経営に重点を置きつつ、継続的な競争力強化を実行しています。国内外の市場環境・産業構造・社会の変化を敏感に捉え、常にサプライチェーンを変革していくことで、お客様のニーズに合致した商品を安定的に供給できる事業基盤の構築・強化に取り組んでいます。

取扱品目
とうもろこし、マイロ、小麦、大麦、もち麦、玄蕎麦、大豆、菜種、配合飼料原料、小麦粉、砂糖など
組織
穀物飼料部 | 製粉製糖部

農水産本部 Produce & Marine Products Division

農水産本部は、生産・調達・製造・加工・販売に亘る垂直統合モデルを通じ、消費者のニーズに応えながら、魚・米・野菜等の生鮮食材や加工品を安定的に提供しています。人口、産業、消費構造の変化へ柔軟に対応し、消費者起点の発想で、川上から川下までの各事業を主体的・自律的に経営していきます。それぞれの機能事業において、コスト競争力強化、付加価値化等により競争優位性を確保しながら、持続的成長を果たしていきます。また人材教育についても、グループ各社と連携しながら、顧客第一、現場力のある人材を育成していきます。

取扱品目
水産物(鮪・鮭鱒・えびなど)、水産加工品、米穀、青果物等
組織
農産・水産部

グローバル食品本部 Global Fast Moving Consumer Goods Division

グローバル食品本部は、国内外でコーヒー、ココアなどの農産品から消費財までの商品の調達・供給・製造・販売事業を幅広く展開しています。三菱商事が培ってきた原料や消費財ビジネスの知見を集約し、環境の変化にあわせて事業基盤の強化を図っています。国内外でそれぞれの地域のニーズに合致した商品を供給できる事業を展開することにより、ビジネスパートナーや消費者へ新たな価値を創造することにチャレンジしています。また、サステナビリティ経営に重点を置き、サプライチェーン上にある社会課題にビジネスを通じて解決することに貢献してまいります。

取扱品目
加工食品、菓子、飲料、缶詰、即席麺、調味料、コーヒー、ココア、製菓原料、ゴマ、ナッツ、スパイス、乾燥野菜、油脂、油脂製品、その他日用品等の消費財
組織
グローバル消費財部

畜産酪農部 Livestock, Meat & Dairy Products Department

畜産酪農部では、日本・米国・中国・タイ・インドネシアで食肉や乳製品の関連事業を展開しています。対面している市場の消費ステージや地域特性に応じた商品の供給を通じて、豊かな社会の実現に貢献します。生産性の向上や商品の付加価値化に不断に取り組むと共に、環境負荷を抑えた、持続可能性の高い事業を目指しています。

取扱品目
鶏肉・豚肉・牛肉、加工食品、チーズ、乳製品 等

新興市場室 Developing Markets Office

新興市場室では、成長する新興国の生活商品関連分野の消費市場において、事業を市場軸で俯瞰して捉え、食品産業グループとコンシューマー産業グループと連携して、最終顧客である消費者に商品とサービスを提供するポートフォリオを形成し、当該国の社会の発展への貢献に取り組んで参ります。

取扱品目
新興国の生活商品関連分野に関わる製造販売事業の推進

プロジェクト事例 Project Cases

主な事業会社 Business Investments

ページ上部へ